あなたがもし水虫なら体の中から死滅させる方法をオススメします。効果的な治療としてイトリゾールを使ったパルス療法があります。パルス療法は塗り薬に比べると効果的です。イトリゾールとは何かについて説明します。

きれいな脚

イトリゾールはイトラコナゾールを主成分とした抗真菌薬のひとつで、水虫やカンジダなどのカビの仲間が原因となる感染症の治療に使用されます。
主に内服薬で用いられるため、塗り薬のように市販されることはなく、皮膚科などで処方される医薬品となっています。
イトリゾールは血中半減期が長く、およそ24時間は体内で効果を発揮しますが、この時間を超えると体内から大量に排泄され、効果を失ってしまいます。
他の治療薬でも同じですが、体内に留まっている間は効果が続き、排泄されると効果が弱まって効果が発揮できません。
通常なら半減期が切れるころに再び服用していくことになりますが、イトリゾールはケラチンとの親和性が高く、血液中に吸収された後は、爪へと移行して長く留まるようになっています。
そのため、イトリゾールには短期的に集中して服用するパルス療法と呼ばれる特殊な方法が採用されています。

パルス療法とは治療薬を服用する期間と服用しない期間を周期的に繰り返す方法で、長期的に薬剤が体内に留まる場合に使用できます。
服用する回数や期間が短くなることで副作用を抑えることができ、効果的に薬剤が発揮されるので様々な治療で用いられています。
イトリゾールでは爪に移行して留まる性質を利用し、最初の1週間だけ服用して、3週間を休薬期間とする飲み方が採用されています。
これを1サイクルとして3ヶ月繰り返すことで治療は完了するようになっていて、通常なら半年間は毎日服用する必要のあるものです。
3ヶ月間の服用で済むことから肝臓への負担も軽減でき、副作用のリスクを抑えることが可能となっています。
ただし、服用期間中に併用できない飲み薬もあるので、医師の指導に従って服用することが重要となります。