あなたがもし水虫なら体の中から死滅させる方法をオススメします。効果的な治療としてイトリゾールを使ったパルス療法があります。パルス療法は塗り薬に比べると効果的です。イトリゾールとは何かについて説明します。

  • ホーム
  • イトリゾールでのパルス療法の注意点

イトリゾールでのパルス療法の注意点

きれいな脚

イトリゾールは真菌による感染症の治療に用いられる飲み薬で、有効成分をイトラコナゾールとしてトリアゾール系の抗真菌薬に分類されます。
幅広い抗真菌スペクトルを持ち、比較的に副作用は少なめ、さらにケラチンとの親和性が高いことから爪や皮膚などの細胞内に移行して長期間で効果が持続するという特性を持ちます。
イトリゾールを服用すると血液中に溶け出し血中濃度が上昇しますが、約24時間で半減期を迎え、徐々に体の外に排出されるようになります。
しかし、細胞に移行した成分はそのまま残り効果を持続させるため、パルス療法と呼ばれる独特の服用方法が採用されています。
パルス療法と聞いても馴染みがないので分からない人も多いですが、別名で短期大量間欠療法とも呼ばれ、ある一定の期間だけ集中的に服用するというものです。

イトリゾールによりパルス療法は、最初の1週間だけ服用をして、3週間は休薬とします。
これを1サイクルとして3ヶ月間で繰り返し、体内に成分を残して治療効果を高めるというものです。
爪に移行した成分は1年間にわたって効果が持続することが報告されていて、短期間で副作用のリスクを減らし、非常に長い期間で治療が行えることから便利になっています。
ただし、3週間の休薬期間であっても、体内には成分が残っているので、その期間でも併用注意となる薬を服用することができません。
誤って服用すると代謝の邪魔をしたり、副作用が起こることがあるため注意しましょう。
また、短期間で集中的に服用するので、イトリゾールを代謝するための肝臓に大きな負担がかかるようになります。
肝機能の障害が起こることもあるので、肝臓が弱い人などは治療中やその後に検査を受けることが推奨されます。