あなたがもし水虫なら体の中から死滅させる方法をオススメします。効果的な治療としてイトリゾールを使ったパルス療法があります。パルス療法は塗り薬に比べると効果的です。イトリゾールとは何かについて説明します。

  • ホーム
  • イトリゾール服用は空腹時が効果的

イトリゾール服用は空腹時が効果的

運動している女性

イトリゾールは、抗真菌薬の一種です。
薬として、飲み薬も塗り薬も存在しますが、今回は飲み薬についてのお話です。
抗真菌薬は、真菌による感染症のために使う薬です。
真菌感染症で有名なのは、カンジダ症や水虫でしょうか。

これらの真菌感染が原因となる病態に対してまたは免疫が弱っている場合には予防にも、イトリゾールなどの抗真菌薬は使用されます。
飲み薬の効果は、ほとんどの場合、血液の中にどれだけ取り込まれるかによって決まります。
せっかく薬を飲んでも、吸収されずに便となって出てきてしまったら消化器の中に対してだけに効いてほしい場合でない限り意味がないわけですね。
イトリゾールの飲み薬はカプセル(ジェネリック医薬品には錠剤もあります)と液体のタイプがあります。
液体タイプはカプセルタイプに比べて、血液の中に入る量が多くなるように改良されています。
ここで、タイトルにある、飲むタイミングについてを気にしないといけません。
イトリゾールという薬は食事の影響を受けてしまい、吸収量に差が出てしまいます。
液体タイプは、空腹時のほうが食後と比較して、吸収される量が多いことがわかっています。
ですので、よく効くようにするために液体タイプは空腹時に服用する必要があります。

ただし、カプセルタイプは食事と一緒でないと吸収されないので注意が必要です。
同じ成分の薬ですが、製剤のタイプによって吸収のされ方が大きく異なっている珍しい薬剤ですので、飲み方には十分注意する必要があります。
一般的な薬の飲み方である「食後」は忘れないためにという意味合いが大きいものも多いですが、それ以外の飲み方をするということは、食事によって効果に大きく影響されることが多いというものが多いです。
効果的に薬の効果を得るために、適切なタイミングで薬を飲むように心がけましょう。